ダンスドリル競技を行っていく上で重要なケアについて学んでいきましょう!
ダンスドリルという競技は、ダンスという言葉から来るイメージとは違い、かなりハードなスポーツと言えます。
2分半の演技時間の中で、関節や筋肉は酷使され、場合によっては傷害が発生します。ダンスドリル競技をなるべく傷害を起こさぬように、将来的に障害を残すことなく、楽しく行えるようするためのコラムですので是非参考にして下さい。

ダンスをする為の体作り:渡邊美之(柔道整復師)

神田名倉渡辺接骨院 院長

ミスダンスドリルチーム協会主催大会にて医療ブースを担当。
また、数多くの強豪高校・大学・クラブチームのトレーナーを務める。
ダンサーの身体に精通したスペシャリスト。
これまで多くのダンサーがその指導に感銘を受け指導を仰ぐ。

医院情報

  • 神田名倉渡辺接骨院
  • 〒101-0021
  • 東京都千代田区外神田6丁目3-6MKビル
  • TEL:03-3837-4392